「遊び」を通して、身体能力と自主性を育む体操教室

Pickこども体育館

「Pickこども体育館」の外観
「Pickこども体育館」の外観

サッカー、野球、バスケットなど、あらゆるスポーツの基盤となる身体能力を育む子ども向けの体操教室が和歌山市向にある。旧国道26号線(現府道752号線)沿いの梅原交差点と延時交差点の間に建つ「Pickこども体育館」だ。

9mもの高さがある広い館内
9mもの高さがある広い館内

ここでは、簡単な体操から道具・器具を使った運動を親子で行う「親子体操教室(1才半~)」をはじめ、体力や危険回避能力の向上を目指す「幼児クラス(2歳~5歳)」、器械体操を中心に基礎体力向上を目指す「少年少女クラス(小学1~6年生)」とクラスを大きく3つに分け、それぞれの年齢ごとに1回50分のレッスンを行っている。 代表を務めるのはかつて県立高校の体育講師としてラグビー部の指導に当たっていたという平井敏喜さん。スポーツ選手の運動能力を向上させるためには幼児から小学校までの時期の土台となる体づくりが大切だと当館を立ち上げた。

代表を務める平井敏喜さん
代表を務める平井敏喜さん

まるで自然の中にいるような木の温もりを感じる館内はなんと9メートルもの高さがあり、高窓から優しい光が降り注ぐ。床は転んでもけがをしないように衝撃吸収性の高い床材を使用し、壁の一面はボールの壁当てができるように窓などの装飾をなくすように設計。トレーニング内容としてはマット、跳び箱、鉄棒を軸にしながら、ボールトレーニング、バランスボール、ランニングトレーニングなど、年齢に合わせたさまざまなトレーニングを行っている。レッスンごとに常に3人の先生を配備するなど、安全面・教育面において行き届いた環境だ。

▲	約6mの登り棒。衝撃吸収性の高い床なので安心だ。
▲ 約6mの登り棒。衝撃吸収性の高い床なので安心だ。

「楽しみながら体を動かすと自然と運動が好きになります。」と話す平井さんの指導のコンセプトは「遊び」。遊び感覚で体を動かすことで、楽しみながら課題を克服でき、自主性も育まれるのだ。

壁当てができるように設計された壁。
壁当てができるように設計された壁。

「運動好きな子どもをどんどん作りたい。」と目を輝かせて話す平井さん。「運動=楽しい」という意識になれば、例えば結婚して子どもを産んだ時にでも、運動を通して親子関係を築くことができ、その子どもも自然と運動が好きになる。そういう好循環を提供していきたいとのことだ。 体験・見学は随時、無料で受け付けているので、一度訪れてはいかがだろうか?

Pickこども体育館
所在地:和歌山県和歌山市向144-15 
電話番号:073-481-5156
定休日:日曜日、祝日

詳細地図