エリア概要コラム

緑豊かな丘陵地に広がる暮らしの利便性に恵まれた新しい街、ふじと台

和歌山市は和歌山県の北部にあり、古くは「和歌山城」の城下町として、近年は和歌山県の県庁所在地として発展した。ふじと台は和歌山市の北側の丘陵に広がり、中世ヨーロッパの林間に造られた城郭都市をイメージした「学園城郭都市」をコンセプトに開発された新しい街だ。

ショッピング施設や交通アクセスの整備でより快適な街へ

美しい街並み
美しい街並み

ふじと台では2003(平成15)年に最初の分譲が始まり、2011(平成23)年に和歌山市内では18年ぶりとなる新設小学校「藤戸台小学校」が開校。2012(平成24)年には南海本線「和歌山大学前(ふじと台)」駅や駅ビル「ふじと台ステーションビル エスタシオン 」がオープンするなど発展を遂げてきた。
2014(平成26)年には「和歌山大学前(ふじと台)」駅前に和歌山県内初の「イオンモール和歌山」がオープン。「和歌山大学前(ふじと台)」駅には南海本線の特急も停車するようになった。2017(平成29)年には第二阪和国道の「深日」ランプから「孝子」ランプ間が開通し、暮らしの利便性がさらに高まっている。

特急サザンも停車する「和歌山大学前(ふじと台)」駅

利用できる電車の本数が多い「和歌山大学前(ふじと台)」駅
利用できる電車の本数が多い「和歌山大学前(ふじと台)」駅

ふじと台は交通アクセスも便利だ。街の玄関口となる「和歌山大学前(ふじと台)」駅には特急サザンを含むすべての電車が停車する。「和歌山市」駅には約7分、「難波」駅には約60分でダイレクトアクセスできるほか、「関西空港」駅には「泉佐野」駅で南海空港線に乗り換え約45分で行くことができる。

さらにふじと台にはコミュニティバス「ふじと台バス」が運行されているほか、和歌山市中心部方面への路線バスもあり、目的地によってはバスの利用も便利だ。エリアの東を走る第二阪和国道は「平井」ランプから利用でき、市道中平井線開通。和歌山市中心部、大阪市中心部、「関西空港」方面へも自動車でスムーズに移動できる。

教育・子育て施設も充実

「和歌山大学」との連携も行われている「和歌山市立藤戸台小学校」
「和歌山大学」との連携も行われている「和歌山市立藤戸台小学校」

ふじと台には「和歌山大学」のキャンパスもあり、学園都市という機能も持つ。「和歌山市立藤戸台小学校」は「和歌山大学」との連携を行っているほか、和歌山の研究推進校となるなど、先進的な教育が提供されている。

エリア周辺には、土日も開放している地域子育て支援拠点施設「すみれフレンド」があり、子どもの遊び場や親同士の交流の場として利用できる。「民間学童保育プラスリー藤戸台STW教室」、「Pickこども体育館」など子育てファミリーにうれしい施設も多い。

シネマコンプレックスもある「イオンモール和歌山」

多彩な店が揃う「イオンモール和歌山」
多彩な店が揃う「イオンモール和歌山」

「イオンモール和歌山」を擁するふじと台は買い物の利便性も高い。「イオンモール和歌山」にはスーパーマーケット「イオンスタイル 和歌山」をはじめ、農産物直売所「産直市場よってって」、ファッションや雑貨の人気店など専門店が集まる。シネマコンプレックス「イオンシネマ和歌山」もあり、買い物ついでに映画を楽しめることもうれしい。

自動車を使えば、「コメリホームセンター 紀ノ川店」、「MEGAドン・キホーテ 和歌山次郎丸店」、「ジョーシン和歌山北店」、「パームシティ和歌山店」など多彩なショッピング施設も利用できる。

豊かな自然に抱かれた街

ゲートが印象的な「パルテノン公園」
ゲートが印象的な「パルテノン公園」

ふじと台は計画的に開発されたこともあり、「コモエスタ公園」や「パルテノン公園」など街の景観を守る公園が点在している。また、「イオンモール和歌山」のイベントスペース「ふじとパーク」も噴水ショーなどイベントが行われている。

少し足を延ばせば、イルカショーやアトラクションが人気の「みさき公園」、気軽に自然を感じられる「人と自然のふれあい公園&森林公園」、ヨーロッパの街並みを再現したテーマパーク「ポルトヨーロッパ」など休日を楽しめるスポットが揃う。

豊かな自然に恵まれながら、買い物や子育てもしやすい和歌山市ふじと台。ここは子育てファミリーが快適に暮らせる街と言えるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ